在庫なし
 
瑠璃と呼ばれた青の宝石ラピスラズリ

カレン族シルバーブレスレット/ラピスラズリ#a06-50

¥6,800

自然を畏れ敬うアニミズムの思想

山岳民族カレン族の手仕事によるシルバーアクセサリーです。受け継がれてきた伝統の刻印にはそれぞれに意味があり、様々な願いが込められています。
自然と共存する彼らの作るものには、身近に暮らす動植物や生活道具などを象ったものが多くあります。そこには自然を畏れ敬うアニミズムの思想が流れています。プリミティブで素朴なデザインは私たちの心の奥底に響く何かがあります。

瑠璃と呼ばれた青の宝石ラピスラズリ

青のビーズは古代より神秘の石として有名なラピスラズリです。鮮やかな群青色の空を背景に流れる白の雲、きらめく金の星。青、白、金の三色が見事に調和しています。古代より多くの人を魅了し、日本では瑠璃と呼ばれた青の宝石ラピスラズリ。その美しい群青の輝きに不思議な力を感じます。

素材 シルバービーズ 銀純度95% / タイ
シルバーフック 銀純度92.5% / イタリア
ステンレスワイヤー / 日本
ラピスラズリ / アフガニスタン
寸法 シルバービーズ[四角]3.5~4mm×3.5~4mm×3.5~4mm
ラピスラズリビーズ直径4~5mm
サイズ オーダーメイド(所要2~3営業日) / 手首周囲から最適サイズに製作※20cm超は特別指定、有料
サイズガイドを見る
カラー
生産国 日本
備考 商品写真はご利用環境によって実物よりも大きく太く、また実際の色と異なって見えます。
解除

詳しく知る

ラピスラズリ金色の斑点が輝く群青の石。

古代ローマの博物学者プリニウスはラピスラズリを「星のきらめく天空の破片」と表現しました。神秘的世界を思わせる石、ラピスラズリは古代から現代にいたるまで数多くの伝説を生み、世界各地で人々を魅了してきました。エジプトにおいては天空と冥界の神オシリスの石とされました。ラピスラズリをはめ込んだツタンカーメン王のマスクと棺には死者の書の呪文とともにオシリスの像が描かれ、霊魂の流転再生の願いが込められました。 日本では瑠璃(るり)とよばれ、仏教の経典で七宝の一つとされました。

ラピスラズリ「天空の破片」を詳しく見る

ラピスラズリ原石

1 件のレビュー - カレン族シルバーブレスレット/ラピスラズリ#a06-50

  1. 先程、注文していたラピスラズリのブレスレットが届きました。とても丁寧に包装されていて、ブレスレットも写真よりも華奢な感じで、とても気に入りました。サイズも手首に調度よいサイズでした。また是非利用したいと思います。

レビューを追加する