アニミズムがコンセプトの
シルバーアクセサリー

民族の伝統的な文様、独特の配色、墳墓などから出土される
古代のアクセサリー、世界の伝統的アクセサリーから
インスピレーションを得て独自のスタイルを作ります。

コンセプトを詳しく見る

stamping-flatten-silver-sheet-portrait
stamping-flatten-silver-sheet-portrait

カレン族シルバー

伝統の技。

カレン族シルバーはタイ北部の山岳地にあるカレン族の村にて、代々引き継がれてきた伝統的な手法により作られています。カレン族シルバーは実に独創的であり、規格統一されたマスプロダクトのシルバーとは異なる味わいがあります。すべてのシルバービーズが手作りで、一つとして同じものは存在せず、それぞれ異なる表情を持ちます。ケシ粒のように小さなビーズひとつひとつにも手仕事により丹念に刻印が打ち込まれています。カレン族シルバーのビーズを手にとってみると、ディテールにカレン族の職人の技と心意気を感じられるでしょう。

カレン族シルバーを詳しく見る

taotie-on-chinese-ritual-bronze-vessel-portrait

青銅器の龍シルバー

甦る古代の龍。

3500年以上前に栄えた古代王朝「殷」。殷人たちは祭礼用青銅器の器面に想像力を駆使し、龍を含む神々の姿を創造しました。古代人の想像力から造られた龍の姿は一様ではなく、この時代様々な「龍」的姿形が存在しました。その原初の姿をシルバーアクセサリーに移しこみ、新しい命を吹き込んだのがこの「青銅器の龍」シルバーです。数千年の時間と空間を超え、今ここに古代の龍がシルバーアクセサリーとして甦えりました。指先に与える強烈な存在感と造形は多くの目を惹きつけ、心に留まることでしょう。

青銅器の龍シルバーを詳しく見る

taotie-on-chinese-ritual-bronze-vessel-portrait
a05-48b
a05-48b

歳月を積み重ねていくほどに深み増す赤色。

カレン族シルバーブレスレット/アンティークビーズ ¥10,400

赤色のビーズはベネチアで17世紀頃から作らるようになったホワイトハートと呼ばれるアンティークビーズです。ビーズの中央が白くなっているのがその名の由来です。生命や活力を象徴する鮮やかな赤色のホワイトハートは世界中の人々を魅了し、北米、東南アジア、アフリカなど多くの地へ交易品として運ばれていきました。

この品を詳しく見る

ラピスの青が首元に描く、繊細でたおやかな曲線。

カレン族シルバーネックレス/ラピスラズリ ¥9,201

青色のビーズは古代より神秘の石として有名なラピスラズリです。マットな質感は控えめながらも、遜色なくラピスラズリの美しい青が伝わってきます。古代より多くの人を魅了し、日本では瑠璃と呼ばれた青の宝石ラピスラズリ。その美しい群青の輝きに不思議な力を感じます。

この品を詳しく見る

a06-36
a06-36

深紅の輝き、神秘の結晶。

カレン族シルバーブレスレット/ガーネット#a06-36 ¥4,200

赤紫のビーズはインド産のガーネット(柘榴石)です。ガーネットは天然のままで美しい赤と球状に近い結晶を持ち、もっとも古い時代から宝石のひとつとして使われてきました。中世の十字軍兵士たちは、戦場に赴くときにガーネットを身に着けたと言われています。ガーネットの持つ深紅の輝きは血を連想し、ガーネットを持っていると傷を受けないと信じられていたからです。

この品を詳しく見る

f01-01

誇張された奇怪な文様は邪悪に打ち勝つ力の象徴。

青銅器の龍シルバーリング/緻密な紋様#f01-01 ¥29,829

古代の青銅器に現われる龍をテーマにしたシルバーアクセサリー「青銅器の龍」シリーズ。3500年以上前に栄えた古代王朝「殷」。殷人たちは祭礼用青銅器の器面に想像力を駆使し、龍を含む神々の姿を創造しました。古代人の想像力から造られた龍の姿は一様ではなく、この時代様々な「龍」的姿形が存在しました。古代人の創造した「龍」。その原初の姿をシルバーアクセサリーに移しこみ、新しい命を吹き込みました。

この品を詳しく見る

f01-01

みんなのチャリティ みんなのチャリティ 落札額の10%を被災地等の支援へ。 参加する

EDF ダルニー奨学金 売上の一部をタイ東北部の中学生支援へ。 詳しく見る