カレン族シルバー カレン族の手仕事によるシルバーアクセサリー

伝統の技 手仕事の原点が脈々と受け継がれる。

カレン族シルバー(カレンシルバー)はタイ北部の山岳地にあるカレン族の村にて、代々引き継がれてきた伝統的な手法により作られています。カレン族シルバーは実に独創的であり、規格統一されたマスプロダクトのシルバーとは異なる味わいがあります。すべてのシルバービーズが手作りで、一つとして同じものは存在せず、それぞれ異なる表情を持ちます。ケシ粒のように小さなビーズひとつひとつにも手仕事により丹念に刻印が打ち込まれています。カレン族シルバーのビーズを手にとってみると、ディテールにカレン族の職人の技と心意気を感じられるでしょう。

カレン族銀細工の村と歴史を詳しく知る
カレン族シルバー製作風景を詳しく知る

銀板に規則正しく正確に打ち込まれる刻印

カレン族 自然を敬い、霊を畏れ、正直、誠実を美徳とする。

カレン族はタイ北部からビルマにかけ、主に山岳地帯に居住しています。彼らの伝承ではルーツはチベットにあり、ゴビ砂漠を越えてやって来たと伝えています。木々が鬱蒼と茂った豊かな森の中に暮らし、狩猟採集の色合いを濃く残した焼畑農業を基盤とする自給自足の伝統的生活を守っています。自然を敬い、霊を畏れ、正直、誠実を美徳とする価値観を持ちます。乙女は純潔を大切にし、未婚者は純潔を象徴する白の貫筒衣をまといます。女性の長い首を美とすることで名高い首長族はカレン族の支族です。

カレン族の不思議なルーツを詳しく知る
カレン族の求婚は女性からを詳しく知る

純潔、未婚を表す白の民族衣装を着たカレン族の幼い姉妹

象を解し、象を操る 森と共に暮らす人々。

森に暮らすため、カレン族の居住域は象の居住域と重なります。象を解し、象を操ることができるのは多くの山岳民族の中で森に暮らすカレン族だけです。自然との調和を大切にする一方、呪術や魔術が信じられており黒魔術を使うことで他の山岳民族に怖れられています。

タイ チェンマイ、象の体を洗うカレン族の象使い

カレン族の刻印と意味 自刻印に現れる自然への賛歌に心が共振する。

カレン族の刻印には様々な意味や願いが込められています。自然と共存する彼らの作るものには身近に暮らす動物や植物、生活道具などを象ったものが多いです。これは動物や植物はもちろん自然現象や事物にさえも、人と同じように命、または心を持っていると考えるアニミズムの世界観によるものです。

カレン族の刻印と意味を詳しく知る

多様な刻印、動植物を象った様々な形のカレン族シルバービーズ

アニミズムの世界観 模様は単なる飾りではなく意味がある。

アニミズムの世界観では、この自然界は様々な霊に満ちあふれ、人間もその中の一つに過ぎないと考えます。アニミズムの世界では模様は単なる飾りではなくすべてに意味があり精神世界と深く結びついています。意味を持った模様を身に着ける、飾るということは、それら模様が持つ霊力を取り込んだり、霊力で身を守るという精神的な欲求が込められています。

コンセプトを詳しく知る

カレン族シルバーの商品一覧を見る

関連記事