歳月を積み重ねていくほどに深み増す赤

カレン族シルバーブレスレット/アンティークビーズ #a05-53

¥11,800

自然を畏れ敬うアニミズムの思想

山岳民族カレン族の手仕事によるシルバーアクセサリーです。受け継がれてきた伝統の刻印にはそれぞれに意味があり、様々な願いが込められています。
自然と共存する彼らの作るものには、身近に暮らす動植物や生活道具などを象ったものが多くあります。そこには自然を畏れ敬うアニミズムの思想が流れています。プリミティブで素朴なデザインは私たちの心の奥底に響く何かがあります。

世界中を魅了したビーズ、ホワイトハート

赤色のビーズはベネチアで17世紀頃から作らるようになったホワイトハートと呼ばれるアンティークビーズです。ビーズの中央が白くなっているのがその名の由来です。
生命や活力を象徴する鮮やかな赤色のホワイトハートは、世界中の人々を魅了し、北米、東南アジア、アフリカなど多くの地へ交易品として運ばれていきました。このホワイトハートはインド-ビルマ国境の山岳民族ナーガ族の装飾品として代々使われてきたものです。
長い歳月を経て鈍く光る赤色とシルバーの美しいコントラストは存在感のある一品となることでしょう。

素材 シルバービーズ 銀純度95% / タイ
鹿革紐
ホワイトハートビーズ(アンティークビーズ)
寸法 シルバービーズ4~4.5mm×6~6.5mm×10~11mm
ホワイトハートビーズ直径4.5~5mm(ナーガランド)
鹿革紐幅3mm
サイズ オーダーメイド(所要2~3営業日) / 手首周囲から最適サイズに製作(中央にあるビーズで長さを調節)
サイズガイドを見る
カラー 革紐 / ブラック、チョコ、キャメル 指定色がある場合は連絡事項に記載※指定なしは掲載色
生産国 日本
備考 写真の調節ビーズはゆるくなりやすいため、現在は構造上ゆるくなりにくいものを使用 現在使用のビーズ
解除
 

説明

ナーガ族かつては首狩の習慣を持っていた。

インド-ビルマ国境に居住。孤立した地理的条件から独特の風習を保ち、かつては首狩の習慣を持っていました。村の繁栄を祝ったり、勇者の証しとするために首が狩られました。ナーガ族は衣服をほとんど身にまとわない代わりに、ビーズやタトゥーで身を飾ります。ビーズは古くから交易によってもたらされたもので、身につけるビーズによって富や社会的地位を示しています。

A Konyak Warrior by Manlam konyak / WIKIMEDIA COMMONSA Konyak Warrior by Manlam konyak / WIKIMEDIA COMMONS

ホワイトハート歳月を積み重ねていくほどに深み増す赤。

ベネチアで17世紀頃から作られるようになったアンティークビーズ。ビーズの中央が白くなっているのがその名の由来です。生命や活力を象徴する鮮やかな赤色のホワイトハートは世界中の人々を魅了し、北米、東南アジア、アフリカなど多くの地へ交易品として運ばれていきました。

ホワイトハート「魅了し続ける赤」を詳しく見る

ナーガ族の装飾品に用いられたアンティークビーズのホワイトハート

カレン族シルバー手仕事の原点が脈々と受け継がれる。

カレン族シルバー(カレンシルバー)はタイ北部の山岳地にあるカレン族の村にて、受け継がれてきた伝統的手法により作られます。実に独創的であり、大量生産のものとは異なる味わいがあります。すべてのシルバービーズが手作りで、一つとして同じものは存在せず、それぞれ異なる表情を持ちます。ケシ粒のようなビーズ一つにも丹念に刻印が打ち込まれています。

カレン族銀細工の村と歴史を詳しく見る
カレン族シルバー製作風景を詳しく見る

刻印を正確に打ち込むカレン族シルバーの職人

カレン族自然を敬い、霊を畏れ、正直、
誠実を美徳とする。

伝承ではルーツはチベットにあり、ゴビ砂漠を越えて来たと伝えています。鬱蒼と茂る豊かな森に暮らし、狩猟採集の色合いを濃く残した焼畑農業を基盤とする自給自足の伝統的生活を守っています。自然を敬い、霊を畏れ、正直、誠実を美徳とする価値観を持ち、乙女は純潔を大切にし、未婚者は純潔を象徴する白の貫筒衣をまといます。女性の長い首を美とすることで名高い首長族はカレン族の支族です。

カレン族の不思議なルーツを詳しく見る
カレン族の求婚は女性からを詳しく見る

カレン族の幼い姉妹

象を解し、象を操る森と共に暮らす人々。

森に暮らすため、カレン族の居住域は象の居住域と重なります。象を解し、象を操ることができるのは多くの山岳民族の中で森に暮らすカレン族だけです。自然との調和を大切にする一方、呪術や魔術が信じられており黒魔術を使うことで他の山岳民族に怖れられています。

カレン族の神話と悲劇を詳しく見る
カレン族のタブーとルールを詳しく見る

象使いのカレン族と象

カレン族の刻印と意味刻印に現れる自然への賛歌に
心が共振する。

カレン族の刻印には様々な意味や願いが込められています。自然と共存する彼らの作るものには身近に暮らす動物や植物、生活道具などを象ったものが多いです。これは動物や植物はもちろん自然現象や事物にさえも、人と同じように命、または心を持っていると考えるアニミズムの世界観によるものです。

カレン族の刻印と意味を詳しく見る

多様な刻印、動植物を象った様々な形のカレン族シルバービーズ

アニミズムの世界観模様は単なる飾りではなく意味がある。

アニミズムの世界観では、この自然界は様々な霊に満ちあふれ、人間もその中の一つに過ぎないと考えます。アニミズムの世界では模様は単なる飾りではなくすべてに意味があり精神世界と深く結びついています。意味を持った模様を身に着ける、飾るということは、それら模様が持つ霊力を取り込んだり、霊力で身を守るという精神的な欲求が込められています。

アニミズムの世界観を詳しく見る

モン族民族衣装の文様

3 に対するレビューカレン族シルバーブレスレット/アンティークビーズ #a05-53

  1. triton

    早く、丁寧な対応ありがとうございました。
    商品に関しては想像していた通りで満足しています。
    一点、提案なのですが、、実際に商品を手に付けている写真があると購入する際にイメージがより明確になると思います。

  2. S.M

    私はカレンアートは色々見る機会が過去にあったのですが、今回の二つのても繊細な作りに驚きましたし、感動しました。今後、またクロマニヨンで買い物をする機会があると思いますが、この二点はとくべつに大切にしたいです。何と言うか、所持者の自分に似合っているというより山口の気候にとても似合っているかんじです。 

  3. I.K

    ご注文の品、4点引き取りました。 サイズのほうは、たぶんだいじょうぶだと思います。たぶんというのは…。実は、さらに追加オーダーしたいネックレスがあるのですが、それと重ねづけをしたいと狙っているものの、さすがに今月はこれ以上 金策が追いつかず…(泣)というわけで、毎日HPを眺めながら、自分が狙っているネックレスに「売り切れるな光線」を送り続けております(笑)
    来月、また金策のメドがついたら追加オーダーさせていただきます。それとのバランスでサイズ調整を再度お願いすることもあるかと思いますので、その際はよろしくお願いいたします。 部屋で一人、届いたネックレスやブレスをしながらギターを弾いたらなんか突然うまくなったような…ま、これも気分の問題ということで♪また、ヨロシクお願いいたします。  これからも「売り切れるな光線」を送り続けておきます♪  

レビューを追加する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください