青銅器の龍シルバー 殷代の青銅器に現れる龍をモチーフにしたシルバーアクセサリー

龍の誕生 古代人の創造した「龍」、その原初の姿。

龍、それは天空を飛翔し、水中に棲まうもの。天と地を媒介する境界的存在。猛獣や猛禽類の体の一部を併せ持ち、地上から超越した複合動物。善と悪、死と再生、創造と破壊の対極要素を一にした神。あるいはその使い。龍は概ねこのようなイメージで語られます。
それはいったいいつごろ誕生したのでしょうか。人間の想像力が作り出した龍の歴史は古く、有史以前より様々な器物の装飾にその姿を現します。

青銅器の龍-古代人の想像力と造形力を詳しく知る

建仁寺方丈障壁画の雲龍図襖

青銅器にうごめく龍 奇怪な抽象的文様が器面を覆いつくす。

鉄がまだ知られぬ青銅の時代、中国の古代王朝「殷」では、青銅器芸術が一種の頂点に達します。呪術性を帯びた祭礼用の青銅器には龍や鬼神などの奇怪な抽象的文様が器面を覆いつくしました。

怪獣を思わせる不気味な形相、飛び出した一対の眼、顔や体を隙間なく埋め尽くす渦巻状の雷文、身をくねらせ咆哮する裂けた口、時にグロテスクとさえ感じる造形は見るものを威嚇し、人間の原初的恐怖を呼び起こさせます。これらの装飾文様は獣面文または饕餮(トウテツ)文と呼ばれています。

この時代、龍的なものの形態はひとつではありませんでした。龍がひとつの形態に収斂してくるのは後世の漢代の頃であり、そこに至るまでにあらゆる観念に基づく諸形態がありました。龍は空想上の動物であるからこそ不定形なものであり、古代の工人たちはあらゆる想像力を駆使し、信仰や畏怖の対象であった動物を融合させ器面に龍を創り出していったのです。

飛び出した大きな一対の眼を持つ饕餮文(獣面文)

神々の紋様誇張された奇怪な文様は邪悪に打ち勝つ力の象徴。

獣面文にはいくつか興味深い特徴があります。第一に左右対称を原則とし、向かいあった二つの動物の側面が鼻梁で突き合わさって一つの動物の正面になっています。一にしてニ、ニして一、森羅万象の根本理論を陰と陽の2つのカテゴリに分けて説明する中国の陰陽思想がここに秘められています。
第二に顔面から飛び出した大きな眼。眼は心を見透かし、相手を威嚇する。眼を怖れるのは動物の本能です。力を宿す眼を表現するためひときわ大きく誇張されました。

青銅器-神々の紋様と変遷を詳しく知る

向かいあった二つの動物の側面が鼻梁で突き合わさって一つの動物の正面となる饕餮文(獣面文)

伝説とされた王朝 神々に満ち満ちていた時代。

中国最古の王朝「殷」。現代では史実として語られますが19世紀以前まで殷は伝説上の王朝とみなされていました。その理由は1,000年以上も後世に書かれた「史記」などの文字史料による記載だけで実在の根拠となるものが何も発見されていなかったからです。殷が実存するという証拠が見つかったのはある偶然のきっかけでした。

古代王朝「殷」を詳しく知る

青銅器の龍シルバーリング/緻密な紋様#f01-01

甦る古代の龍 古代人の創造力と造形力。

青銅器は殷の神秘主義的な世界観を最も特徴付けるものです。殷代は絶対的な宗教心が並々ならぬ造形力を発揮する時代でした。神々の姿を現そうという強い信念が発露した結晶が青銅器の獣面文でした。

殷人たちは祭礼用青銅器の器面に想像力を駆使し、龍を含む神々の姿を創造しました。古代人の想像力から造られた龍の姿は一様ではなく、この時代様々な「龍」的姿形が存在しました。その原初の姿をシルバーアクセサリーに移しこみ、新しい命を吹き込んだのがこの「青銅器の龍」シルバーです。数千年の時間と空間を超え、今ここに古代の龍がシルバーアクセサリーとして甦りました。指先に与える強烈な存在感と造形は多くの目を惹きつけ、心に留まることでしょう。

青銅器の龍シルバーの商品一覧を見る

関連記事