Category Archives

    日々雑感

  • All
  • 1日1本しか作れないネックレス。

    これが製作要5時間以上のネックレスです。

    カレン族シルバーネックレス/アンティークビーズ#a02-28 - ホワイトハートには時を超越した普遍的な美しさがある。
    カレン族シルバーネックレス/アンティークビーズ#a02-28 – ホワイトハートには時を超越した普遍的な美しさがある。

    簡単そうですが不揃いのアンティークビーズを0.1mm単位で並び揃え、斜めの部分は平らに削ります。1日1本が限界です。
    3年前に入ったスタッフが製作を始めて間もない頃、このネックレスのビーズ並べを任せてみました。
    大から小へ揃えるだけなのですが朝から夕方までかかっても満足な出来にならず、ダメ出ししてたら泣きそうになっていました。

    あれから3年、スタッフは今ではノギスも使わず0.1mmの違いを見分ける程にまで成長しました。
    最初の頃、このビーズ並べ全然できなかったよねと昔話をしたら、「そんなこともありましたね、アハハ」と笑って返してきました。

  • 最も売れているブレスレット。

    これが今最も売れているブレスレットです。本日は4本製作。
    凝ったデザインよりシンプルな方がよく売れます。
    考えに考え抜き産み出したデザインより一瞬の閃きで作った物がよく売れます。
    多くのデザインから何故それを選んだのか聞いてみたいと思う今日この頃です。

    カレン族シルバーブレスレット/ブラックオニキス#a06-42 - 飾り気のないデザインは使うにつれて愛着を増す。
    カレン族シルバーブレスレット/ブラックオニキス#a06-42 – 飾り気のないデザインは使うにつれて愛着を増す。

  • クロマニヨンのメンバー逮捕でとんだとばっちり。

    先週、ミュージックバンド「クロマニヨン」のメンバーが逮捕されたニュースをお知らせしました。
    「クロマニヨン」が解散するということで「クロマニヨン」がGoogle 急上昇ワード1位になり、クロマニヨンのアクセスは勘違いクリックだけで通常の20倍にも跳ね上がりました。

    クロマニヨンのメンバー、大麻所持容疑で逮捕

    福岡県警小倉北署は30日、東京都目黒区目黒本町2、音楽グループ「CRO―MAGNON」メンバー、小菅剛(こすがつよし)容疑者(35)を大麻取締法違反(所持)の疑いで逮捕した。

    ニュースをお知らせした後、1通のメールが届きました。

    「犯罪を犯すようなお店からもう商品は購入しません!」

    えっ?!
    まさかこんな誤解が生まれるとは思ってもいなかったのでビックリしました。
    もしかしたらまだ同じような誤解をお持ちの方がいるかもしれないので改めてお伝えしておきます。

    今回大麻所持容疑でメンバーが逮捕された「クロマニヨン」とシルバーアクセサリーを販売している「クロマニヨン」は異なる存在です。
    クロマニヨンは11年前からずっとクロマニヨンです。
    元ブルーハーツのヒロトとマーシーがザ・クロマニヨンズを結成する前からクロマニヨンで、今回メンバーが捕まったクロマニヨンよりもっと前からクロマニヨンです。

    このお客様に誤解を解くメールを送ったほうが良いんでしょうかね?どうしたらよいものか思案中です・・・。

    ダメ、絶対。

  • クロマニヨン逮捕?!

    センセーショナルなタイトルで驚かせてしまって申し訳ありません。m(_ _)m
    今朝起きて日課のアクセス数チェックをしたら、尋常じゃないアクセス数でビックリしました。いつもの10倍はあります。

    寝ぼけているのかと目をこすってもやっぱり現実。
    一体何が起きたんだ!?といろいろ調べてみると「クロマニヨン」
    というキーワードで検索する人多数。
    早速自分でも検索してみたらヒットしたのがこれでした。

    クロマニヨンのメンバー、大麻所持容疑で逮捕

    福岡県警小倉北署は30日、東京都目黒区目黒本町2、音楽グループ「CRO―MAGNON」メンバー、小菅剛(こすがつよし)容疑者(35)を大麻取締法違反(所持)の疑いで逮捕した。

    元ブルーハーツの「ザ・クロマニヨンズ」と誤解されてこんな事態になってしまったようです。
    今回逮捕されたクロマニヨンは「ザ・クロマニヨンズ」とは名前が似てますが別のグループです。
    こんなことってあるんですね・・・

  • 手縫いトートバッグついに完成しました。

    手縫いトートバッグついに完成!8ヶ月かかりました。この達成感ったらハンパない!モノづくりってホント楽しいです。
    アクセサリーも鞄もモノづくりという点でまったく同じです。一つ一つ丁寧に仕上げることは変わりはありません。

    完成した手縫いトートバッグ完成した手縫いトートバッグ

    手縫いトートバッグ、2次元から3次元へ進化の過程

    3ヶ月前

    手縫いトートバッグ3ヶ月前手縫いトートバッグ3ヶ月前

    2ヶ月前

    手縫いトートバッグ2ヶ月前手縫いトートバッグ2ヶ月前

    先週

    手縫いトートバッグ先週手縫いトートバッグ先週

    完成

    手縫いトートバッグ側面手縫いトートバッグ側面

    手縫いトートバッグ持ち手手縫いトートバッグ持ち手

    手縫いトートバッグ底手縫いトートバッグ底

    革小物/鞄を作るようになってから、空港内にあるエルメス、ヴィトン等高級ブランドショップに必ず立ち寄るようになりました。
    革小物/鞄の構造や作り方の参考にしています。海外出張で3ヶ月毎に来店するので、手にとって細部をしげしげと見るくせに一度も買わない客として覚えられていそうで怖いです。

    ファスナーの最高級品エクセラファスナーの最高級品エクセラ

    ファスナーは日本が誇るYKK社のエクセラ。YKKのラインナップでも最高級品。ヴィトンのほとんどのバッグでYKKが使われています。
    高品質、堅牢性は日本がもっとも得意とする分野です。

    エルメスはスイスriri社のファスナーを使用しています。

    手縫いの革小物/鞄は裏側の縫い目を見るとスキルが判ります。
    表は目打ちで縫い穴をあけるから真っ直ぐだけど裏は錐を挿して穴を広げるので集中力を欠くとこんな感じで縫い目が均等じゃなかったり角度が一定じゃなかったりします。

    手縫いトートバッグ内側、不揃いな縫い目手縫いトートバッグ内側、不揃いな縫い目

    手縫いの革小物/鞄を家族や友人に見せると「わぁーミシンで縫ったみたい!」と言われます。物凄い複雑な気分になります。

    手縫いトートバッグ側面手縫いトートバッグ側面

    上達する程、ミシンの縫い目に近づくジレンマ。手で縫う価値って何でしょう?

    長年、時計のデザインに携わってきたデザイナーの山本さんが、その問いに答えてくれました。ものすごく腑に落ちました。

    いわゆるハンドメイドの価値って、作り手と使い手の価値観が一致して成立するもの。人によって、あるいは状況によっては意味を持たない場合もあるけど、一番大事なのはきっと作り手の信念ですね。

    作り手の信念を具現化したもの、これこそハンドメイドの醍醐味ですね。
    アクセサリー製作の幅を広げられればと思って始めた手縫いの鞄製作、モノづくりという点で学ぶことが大変多いです。

  • 18歳まで標準語を話してると思ってました。

    おおちゃく、こそばい、どべが方言だったとは知りませんでした。_| ̄|○

    名古屋弁辞典

    18歳まで標準語を話してると思ってました。故郷を離れて初めて違うことを知りました。
    今思うと子供の頃は何でも語尾に「てー、がー」を付けました。
    「何やっとるてーあかんがー」こんな感じです。

    机はつります。
    鍵はかいます。
    かけっこで最後だったらどべです。
    今日はとてもえらいです。
    風呂はちんちんにします。
    いらないものはほかります。
    金なんてあらすかです。

    名古屋圏外の方、意味わかりますか?
    方言の境界線ってどうなっているのでしょうか?

  • 手縫いの革トートバッグ作りを再開しました。

    手縫いの革トートバッグ作り再開しました。
    今日は豚の内革にポケットを取り付けました。
    この銀色のフォークはエルメスの職人も愛用するフランス製目打ち。革に縫い目を打つ道具。これが手縫いの美しい縫い目を作り上げます。

    フランス製目打ちフランス製目打ち

    この大きなクリップは革を挟んで手縫いする道具。膝に挟んで固定します。

    フランス製クランプフランス製クランプ

    こんな風に使います。

    エルメスの職人の手縫い動画

    熟練した職人の技は見てて気持ちが良いです。
    完成されたデザインで形状は250年前から変わりません。

    引用:Dictionary of Leather-Working Tools引用:Dictionary of Leather-Working Tools

  • 桜への執着心。

    先週の日曜、石神井川と代々木公園へ花見に行ってきました。
    数日前から気分高めで、途中でバッテリーが切れても対応できるよう替えのバッテリーを充電、一眼レフにレンズ3本を持って意気揚々と出発しました。

    三ッ池公園の桜三ッ池公園の桜

    暖かい春の陽気の中でひらひらと舞う花びら、もう最高の花見日和!
    待ちに待った桜で撮影スポットには人だかりの山でした。
    早速、カメラを取り出して構えたら、エラーメッセージが・・・
    メモリーカード(コンパクトフラッシュ)を持ってくるのを忘れてました。力が抜けました・・・

    結局、一枚も撮影できずじまいでした。
    この大切な年の桜を撮らなければ!と近所の三ッ池公園で撮ったのが
    次の写真です。

    三ッ池公園の桜三ッ池公園の桜

    幹に咲く桜幹に咲く桜

    苔清水苔清水

    池岸を埋め尽くす桜池岸を埋め尽くす桜

    木漏れ日木漏れ日

    寒緋桜寒緋桜

    紅枝垂紅枝垂

    横浜緋桜横浜緋桜

    水面を漂う花びら水面を漂う花びら

    紅枝垂紅枝垂

    金黒羽白金黒羽白

    枝間より水面を望む枝間より水面を望む

    染井吉野染井吉野

    写生に来た児童写生に来た児童

    花びらで埋めつくされた水面花びらで埋めつくされた水面

    寒緋桜寒緋桜

    葉桜葉桜

    満開の染井吉野満開の染井吉野

    苔清水の葉桜苔清水の葉桜

    やはり、桜は日本人の琴線に触れるものがありますね。
    諸行無常の理、はかなさ・・・

    日本人の桜への執着心は海外の外国人には理解してもらえないと思いますが、一度でも日本で生の桜を見たらきっと解ってもらえるんじゃないかと思います。

  • 台湾と高砂族への恩義を決して忘れません。

    台湾からの義援金が57億円を突破したそうです。 地震後、真っ先に始まったヤフー募金が13億円を超えたところなのでこの額の凄さが伝わるかもしれません。

    台湾からの義援金57億円を突破、「大きな愛で積極的に」 – Yahoo!ニュース

    台湾の民家台湾の民家

    99年に台湾を襲い、死者約2400人の大惨事となった台湾大地震の時、日本からの義援金は33億円が集まりました。この金額は世界の中でもダントツで、そのことに恩を感じている人が多かったようです。
    今回の東日本大震災で今こそこの恩を返す時!と台湾中の思いが結集したようです。

    台灣人踴躍捐輸 日媒體紛報導 – 中時電子報

    台湾の人口は約2300万人、日本の人口の約18%程です。人口規模で考えると物凄いことです。
    台湾大地震の時に義援金を送らなかったことが悔やまれます。
    今回の台湾の大きな愛と支援に心から感謝します。

    台湾は日本が思う以上に親近感を持ってくれています。
    台湾の原住民族、高砂族の古老は日本語を今なお達者に話します。戦前に日本の教育を受けた世代の共通言語は今でも日本語です。
    台湾で、若いタレントの女の子が高砂族の村を訪問するTVの番組を見たことがありますが、彼女達は中国語ではなく、片言の日本語で高砂族のお婆さんに話しかけていました。
    高砂族の民族衣装をまとったお婆さんがきれいな日本語で返答するのを見て感慨深くなりました。

    高砂族はかつて日本人として、日本のために命をかけて戦いました。
    勇猛果敢、忠実忠義で知られた高砂義勇兵にはこんな感動的なエピソードがあります。

    「・・・あの墓には、Bという高砂義勇隊員が眠っているのです。
    ニューギニアの作戦の当初から、 われわれはBとともに戦ってきました。食料のない日が何日も続きました。
    ある日、Bはずっと後方の兵站基地にさがって、食料を運ぶことになりました。 ところが、その次にBに出会った時には、Bは死んでいました。
    五十キロの米をかついだまま、 Bはジャングルの中で飢え死にしていたのです。背中の米には一指もつけずに・・・・・・」
    <高砂族に捧げる/中央公論社>

    高砂義勇兵

    2004年、高砂族の女性頭目、周麗梅さんが戦死した高砂族兵士の慰霊のために建立した「台湾高砂義勇隊戦没者英霊記念碑」に撤去の危機が迫った時、日本から多くの義援金が集まり、撤去を間逃れました。
    この時は私も微力ながらも義援金を送りました。

    今回の台湾の惜しみない支援に改めて感謝するとともに、台湾と高砂族への恩義を決して忘れることなく、報いたいと思います。

    台湾のお寺台湾のお寺

  • 復興を続ける街からの復興の援助の申し出。

    地震翌日早々にアフガニスタンのカンダハルから義援金申し出があったそうです。私が訪れた98年はタリバン時代で、内戦により街はボロボロ、送電線はズタズタ、電気は夜3時間だけでした。今なお復興を続ける街からの復興の援助の申し出。胸が熱くなりました。

    ヘラート/アフガニスタンヘラート/アフガニスタン

    カンダハルからも義援金=アフガン – 時事通信社

    私が見たアフガニスタンを見る